Appleの純正iPhoneケースを1年間使い続けてわかった唯一の弱点

新しいiPhoneを購入したら、まずケースに悩むと思います。

そこで真っ先に候補に上がるのがApple純正ケース。

僕はiPhone XS購入時にApple Storeで純正レザーケースを購入してから1年間使い続けてきました。

純正だけ合ってフィット感やデザインは抜群でかなり気に入っていたんですが、唯一にして結構致命的な欠点がありました。

これを知らないで選ぶと公開する人も出てくると思うので、もしApple純正ケースの購入を考えている人がいたらぜひ読んでいただきたい!

Apple純正ケースの唯一にして最大の欠点とは?

まず言っておきたいんですが、僕はAppleの純正ケースが大好きです。

カラーも豊富でフィット感も抜群。Apple信者だったら問答無用で純正を選びたくなるところ。

多少割高ではありますが、その分質も高いです。クリアケースは黄ばみにくかったり、レザーケースは使うほどに味が出て経年変化を楽しめます。

 

ただ、やっぱり1年まるまる使うと欠点も見えてくるわけです。

その唯一にして最大の欠点が、下部が覆われていないこと。

これが原因で落とした時大切なiPhoneに傷つきます。

Iphone11proglass

まずiPhoneボディ下部のフレーム部分。角がケースに覆われているので大丈夫だろうと最初思ってたんですが、実際ガンガン傷ついています。

また、落としたらけっこうな確率でガラスフィルムの下部も割れます。このフィルムは2枚目ですが張り替えて数日で割れました。また割れたらめんどうなので張り替えずに放置していました。

 

おそらく下部のスピーカー穴やケーブル端子を覆わないために下部を空けているんでしょうが、サードパーティー製のケースは下部もしっかり覆った上でベンチレーション(穴)を空けているんですよね。

iPhoneケースのベンチレーション

この作りでスピーカーの音質が悪くなったりすることはないですし、ケーブルが指しにくいと感じることもないです。

レザーケースだけでなく、クリアケース・シリコンケースも同様に下部が空いているので同じ結果になると思います。

apple純正シリコンケース

apple純正クリアケース

あとフォリオケース。

iPhone フォリオケース

実際に使ったことがないんですがこれも下部は空いています。Apple Storeでフォリオケースを使っているスタッフさんに聞いたところ、同じように傷つくそうです。

 

純正で唯一大丈夫そうなのがバッテリー付きケースですね。

Apple Smart Battery Case

あとApple Storeにはサードパーティー製のケースも置いてあって、例えば以下のOtterBoxのケースなんかはしっかりと全身覆われているので大丈夫でしょう。デザイン性はさておき。

OtterBoxのケース

まとめ:iPhoneをしっかり守りたい人には純正ケースはおすすめできない

Appleの純正ケースはたしかに質がいいです。

ただ、保護能力で言えば疑問が残るところ。他社のケースに比べて割高なのに傷が普通についてしまうのやはりは悲しいです。

保護能力を重視するのであれば、しっかりと下部までガードされたケースを買うことを強くおすすめします。

合わせて読みたい
iPhone 11 Proのサラサラ感を損なわない激推しケース、エアージャケット(スモークマット)レビュー!

続きを見る

Copyright© 東京ボーイ , 2019 All Rights Reserved.